スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と娘

未分類
11 /09 2010
息子も20歳になり、
私がいなくても、生きていくことができると思うと
なんだか肩の荷も降りました
主人が亡くなった時、
息子は小学一年生で娘は小学三年生でした 
小さな子ども達をみて、私がいなくなったら… と考えると
なんとか、成人するまでは死ぬわけにはいかない なんて思いましたが
もうすぐ13年になります
そして、長かったです~! 
はなむけに、日本年金機構というところから、
“20歳になられた方は、国民年金に加入することになっています”
という、お手紙をいただきました
沈没しそうな日本!
この子達は本当に、年金がもらえるのだろうか…
“学生納付特例制度” というのもあって、
保険料の支払いが 猶予 されるそうです
猶予とは、いつかは払わなくては いけないということ
考えていると、母に「払うように」言われ
歩けば5分ほどかかるコンビニへ、自転車で出かけました
寒い~  懐も寒いから ダブルパンチでした  

娘からは、
“ ヨルダンの2次選考に落ちた~ ” という
私にとっては、嬉しい知らせが 入りましたが、
卒業旅行は、一人でバックパックして
アメリカをまわりたいのだとか…

結局のところ、いつまでたっても悩みは尽きないってことみたいです




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご主人を亡くされてから女手一つで、2人のお子さんを育て上げられたのですね。ご苦労も多かったことでしょう。
お子さんたちも無事成人され、これからはご自分のために人生の時間を使って下さいね、もちろん、親としての心配は尽きないんですけどね。
我が家の息子なんかにも、来ましたよ!年金のお知らせ。もちろん私が払いました。自分のことすらまともにできないのに…ちょっと納得できないものもありますが、決まりですから仕方がないですよね。
お嬢さんのこと気になっていましたが、やはり行く話になっていたんですね?そうでしたか…。でも、次に何を言い出すのかちょっと気になりますよね。親子って、いつまで経ってもそんなものなのかもしれませんね。

ばんちゃん父さんへ

お恥ずかしながら、女手一つで育てられるほど世間は甘くなく、
私の両親に育ててもらっているようなものです^^;
もう亡くなりましたが、私の父親に親子三人、引き取られました…
私は、子どもの事以外は、なんの心配もなかった不届き者です(>_<)
ばんちゃんさんと娘は同級生ですから、
もう、2年近く前に国民年金機構から、お手紙きてますよね^^
でも、収入のない人からも徴収するのもどうかと思います
娘は、ちょっと危険な香りのする
ジャーナリストに向いているかもしれません(^^ゞ

ご主人を早くに亡くされていたのですねi-201
ご苦労も多かっただろと思います。
でもお子さんたちが成人してホッと一息でしょうか^^;
今まで苦労された分、これかはらいろいろ楽しんで下さいね♪
年金、有無を言わせずにきますよね(-"-)
私も学生の時は親に払ってもらってました。
収入もないのに?とちょっと納得行きませんでしたけどi-201
年金ちゃんともらえと良いんですけどね(ーー゛)
ところで娘さん、本人は残念だったと思うのですが、
florallyさんはちょっとホッとされたのではないでしょうか^^;
しかし、女の子がバックパッカーするのもかなり心配ですよねi-201

ご主人を亡くされてから13年ですか
それからお一人でお子さんを育ててるなんて、一人で両親の役をされて、さぞ大変だったと思います。

家にも娘の年金のお知らせが来ました
学生は働いてないのだから免除してくれてもよいのにね

この先本当に年金をもらえるのか、私でさえ、28年ぐらい払っているのに年金徳別便で案内された支給額は一桁でした
どうしてこういう世の中になってしまったんでしょうね

お嬢さん、ヨルダン落ちてflorallyさん、少し安心なさったんじゃないですか
卒業旅行がバックパッカーって、行動力があるんですね
心配でしょうが、ちょっとかっこいいなあなんて思っちゃいました

こんにちは。

ご主人様を随分と早くに亡くされていたのですね。
2人の子供さんをかかえてきっとご苦労も多かったのでしょう。
無事にお子さん達も成人し、これからはご自分の人生を
ますます楽しむことができそうですね!
年金、収入のない学生からも取るなんておかしな制度ですよね。
私も学生時代には猶予してもらっていました。
そして娘さん、すごいな~。一人でバックパックですか!
すばらしい行動力!!なかなかできることではないです!!!
でも心配ですね、、。

こんばんは。
お子さんが小さい頃にご主人を亡くされるって想像以上に
大変でしょうね。
娘さん、結果的には良かったのかな?
しかし、ホントすごい行動力です!
親としては心配でしょうけど、でも充実した人生を
送れるのでしょうね~。
引きこもりの私には羨ましい限り・・。

エラニユースさんへ

子ども達は、寂しかったかもです…
私は、嫁ぎ先より実家の方が暮らしやすかったので気楽でした^^;
やはり、娘も息子も成人したので一安心しました
年金の徴収、なんとかならないかなって思います
エラニユースさん、若いです~!
私の時代は、働き始めてからの徴収でした
娘の発言は、一難去ってまた一難 です(泣)
まだ、友達と一緒なら少しは安心なんですが…
一人で! ですからね 心配です(^^ゞ




だうさんへ

主人と暮らした年数より、亡くなってからの年数の方が多くなりました
父親が、いないということで、
手をかけなくてよいところまで手をかけていたと思います^^;
学生は働いていないのだから、親が払うってことなんでしょう…
ちょっと、おかしいと思います(;一_一)
年金も、どうなっちゃうか心配ですよね
勝手に法律が変わるので、いったいどこまで減らされるのやら? って思います
ヨルダン行きは、ちょっと安心しました~! が、
行動力! ありすぎで困ってしまいます(泣)

すぬぞう さんへ

私は、実家に引き取られましたので、ぬるま湯状態でした^^;
子ども達は、寂しかったかもしれません…
楽しみは、いろいろありすぎて反省しています(^^ゞ
すぬぞうさん、猶予してらっしゃったんですか! お若い(いいなぁ~!)です
ほんとですよね 学生の年金徴収は、もう少し考えていただきたいです
娘は、行動力あり過ぎで悩みの種ですi-201


らべんだ~さんへ

私の場合は、お子さんが小さい頃にご主人を亡くされるって想像以上に
気楽だったように思います(^^ゞ
あまり、労らわれると困ってしまいます
娘は、すご~く行きたがっていたので、すご~く残念だったと思います
でも、選考に落ちたのなら、あきらめもつくでしょう
いや、ついてないかもi-201
今だに、専門学校のことを愚痴ってますからね… 
なんともならない娘です^^;

florallyさん、お子さんが小学生だったのですか?
つらい思いまなさったことでしょう…。
でもご両親が経済的にしっかりされていたから、ある意味恵まれていてお幸せな事でしたね。
お子たちも成人されて一安心ですね!
娘さんも自分で考え行動されるでしょう。
これからはあなたご自身の人生を大切にエンジョーイしてくださいね。

これからはご自分のことを考えて

florallyさん、おはようございます♪
とても想像も付かないようなご苦労があったと思います。
私はよくわからないのでコメントを遠慮しておりましたが、
お子様のことではご心配が絶えないとは思いますが、お子さまがお二人いらして、
そのことに関してはお幸せだったのかなと思いました。
お子様お二人を育てるに当たり、ご両親様がいらしてほんとうにその点、
経済的にも精神的にもよかったですね。
今まで出来なかった分、これからは自分の趣味のことなどでおおいに楽しんで
くださいね。特にピアノはずっと続けてくださいね

こんにちは

florallyさん こんにちは!
今ちょうどうちの子どもらが1年生と3年生なんですよ。
この歳のお子さんを抱えて女手一つで…
言葉にしきれないいろんな思いがあったでしょうね。
無事に成人なさるまで、よく頑張って育てて来られましたね。
私もflorallyさんとはちょっと違いますが、
子ども達が成人するまでは、
何としても頑張ろう!と改めて思いました。

みっきいさんへ

時を止めることができないので、
長かったですが、13年過ぎました(^^ゞ
みっきいさんも嫁がれているので、ご苦労もあったと思いますが、
あたりまえと思って人生を送られていることは、すばらしいです^^
成人したことは、一つの区切りになりました
親としての悩みはつきませんが、しかたありませんね(^^ゞ

freesiaさんへ

子どもの悩みは、尽きませんが
そうですね…
子どもがいたから幸せだったと思ったほうがよいですね
両親も、ほっておけなかったんだと思います
ピアノ、難しいです
どちらかというと音楽は苦手なので…
一緒に頑張ってくださいね^^ これからもよろしく♪
 

のんびりくろねこ さんへ

小学1年生と3年生の息子さん達でしたか^^
大学生になる息子と娘を振り返ると、
ちょっと生意気なところも可愛い年頃だったな なんて思える年齢でしたね
13年たち、主人と暮らした年つきを超えてしまいました(^^ゞ
やはり “成人するまでは、頑張ろう” って、
いつも心の片隅にありましたから、一安心しました
のんびりくろねこ さんは、充分頑張ってみえますから、きっと大丈夫です!
無理のないよう、ゆっくり静養され、
元気になられることを祈っています(^O^)/

くう~

スポーツ大好きでテニスに
夢中でしたが、腰を痛めて断念…
フルートに憧れていたことを
思い出し、カルチャーセンターに
足を運び なぜか(^^)? 
オカリナのポスターを見て入会!
音楽は苦手ですが💦
ボランティアしながら
楽しんでます~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。